Sub menu


杜の都信用金庫の人気の秘訣

杜の都信用金庫の営業時間延長店舗

杜の都信用金庫では主に店舗窓口・ATM・インターネットバンキングなどの方法で金融商品の取引を行います。とくに取扱い対象商品が多いのは店舗窓口で、預金商品の払い戻しや融資商品の契約手続き、個人向け国債や投資信託の販売といった業務を幅広く行っています。しかし平日しか営業していない上に営業時間も短く、午後3時には閉まってしまうため、なかなか来店できない利用者が少なくありません。そこで杜の都信用金庫では一部の店舗窓口の営業時間を延長して、午後5時まで各種業務の受付を行っています。

杜の都信用金庫の営業時間延長店舗は全部で8店舗、営業地域内にある支店や営業店の一部が該当します。通常の店舗窓口は午後3時に閉まってしまいますが、営業時間延長店舗は2時間延長して、午後5時まで営業を行っています。2時間の延長時間内に行っているのは主に預金商品の入出金・税金の納付・両替・融資商品や資産運用に関する相談業務です。意外に便利なのが相談業務で、相談会やセミナーのように個別で相談できるというメリットがあります。

営業時間延長店舗も万能ではないため、一部の業務はやはり午後3時までに来店する必要があります。たとえば午後3時以降に振込手続きを行うと、実際に振込が実行されるのは翌営業日となります。そのため当日に振込を実行したい場合は、午後3時までに振込手続きを済ませる必要があるのです。振込手続きはATMやインターネットバンキングでも可能なので、来店する時間がない場合は上記の方法で行うのもオススメです。

営業時間延長店舗で営業時間が延長されるのは店舗窓口だけで、ATMコーナーの利用時間は通常店舗と変わりません。そのためATMコーナーで預金商品の入出金・残高照会・振込・通帳記帳などの各種サービスを利用するだけならば、わざわざ営業時間延長店舗まで行かなくても通常店舗で充分です。提携金融機関やコンビニのATMでも取引できるので、場合によっては店舗内のATMコーナーに行く必要すらありません。

CONTENTS