Sub menu


鳥取銀行使い隊

鳥取銀行で特定口座

証券会社以外の金融機関などで投資信託を利用する個人投資家が増える一方、知名度がイマイチなのが特定口座です。特定口座とは投資信託などの投資をおこなう人にとってかなりメリットのある銀行口座なのですが、あまり下調べをせずに投資を始める人が少なくないこともあって、意外と利用されていないのです。しかし鳥取銀行では投資信託と一緒に特定口座の案内もしているため、ぜひ一緒に利用しましょう。

特定口座とは、投資信託や株式投資、債券などを管理するための専用口座です。もちろん一般口座でこういった商品を管理・運用する人も多いのですが、特定口座を使うと金融機関が確定申告を代行してくれるのです。年間の配当所得が20万円を超えると確定申告して税金を納める必要がありますが、源泉徴収ありの特定口座を利用すると金融機関が代理で納税してくれるので面倒な手続きをしなくてすみます。

しかし源泉徴収ありの特定口座を選ぶと、利益を得るごとに税金分が引かれていくため、口座の中身(投資資金)が微妙に減ってしまいます。もちろん税金が余分に取られると後で戻ってくるので払い過ぎの心配はありません。さらに通常は一般口座と特定口座を一緒に使うことができるのですが、鳥取銀行はどちらかしか使えないので、よく考えて選択しなければいけません。

とはいえ総合すると、鳥取銀行をメインバンクにしていて投資に興味を持った場合、投資信託と特定口座の両方を鳥取銀行で利用するのが一番簡単です。鳥取銀行で給与を受け取って余裕資金を貯めて、特定口座で投資信託を運用すれば一つの金融機関で全て管理できるためです。しかし証券会社では手数料が安いファンドを扱っているため、利便性以外のコストパフォーマンスを重視する場合は、証券会社で投資取引するのもいいでしょう。

CONTENTS