Sub menu


人気の伊予銀行

伊予銀行の投資信託

最近銀行で信託銀行を利用する人、あるいは興味を持つ人が増えています。理由は手軽さにあります。銀行を利用していてある程度資産が貯まってくると、運用の選択肢が広がって投資信託に関心が向くようになるのです。普段から利用している銀行で投資信託ができれば、証券会社などに資金を移動させることなく始められるため、その分手間がはぶけるのです。

とはいえ投資信託はコストとリスクのかかる商品です。というのも元本保証の商品ではないため、損をすることも少なくないのです。さらに登録ファンドの基準価額ばかりに注目し、購入時手数料や税金による出費を計算に入れずに検討する人もいます。こういった不安があるため、投資信託を利用する際は運用にかかる手数料やコストをしっかり把握して、なおかつ節約を心がけるといいでしょう。

一定額までなら非課税で運用できる非課税制度のNISAやインターネット投資信託が人気なのは、こうしたコスト対策がおこなえるからです。NISAの解禁で投資信託の新たな利用者が増えており、CMでも積極的に宣伝しています。伊予銀行もインターネット投資信託に力を入れており、ネット専用のファンドを設けています。ネット専用ファンドは、通常のファンドに比べて購入時手数料が無料となり、ラインナップも異なります。

購入するファンドを選ぶ際は、できるだけ選択肢が多いほうがいいので、インターネット投資信託も利用できるようにするといいでしょう。そもそも銀行は証券会社のように投資信託に特化した金融機関ではないため、インデックスファンドのような比較的安定性のある商品が多く、それ以外のファンドは少ない傾向にあるのです。多くの選択肢の中から投資成果が良く収益分配金が期待できるものを選びましょう。

CONTENTS